鳥飼八幡宮とりかいはちまんぐう 福岡

その昔、神功皇后が胎内の子供(後の応神天皇)の将来をお祝いした地・鳥飼村に社を建てたのが始まりといわれている鳥飼八幡宮。神前結婚式やお祓い、厄除けなどの特別な日をはじめとし、日々の生活で心のよりどころとなる場所を担っている。また、ここは右殿に御祭神としてむすびの神・玉依姫尊をお祀りしており、”縁結びの神”としても有名。神前結婚式や、神社としては珍しい「縁結びの宴」も催されている。社務所前に鎮る千年蘇鉄は、神功皇后の従者であられた武内宿禰が旅の安全と神功皇后の「胎内の御子」の無事なご出産を祈願されたこの地より蘇鉄が生えた、と伝えられている。このことから、願い札に祈願し蘇鉄の葉に下げると願いが叶う、と厚く信仰されている。武内宿禰が400年生きたという伝説からこの蘇鉄のところで長寿を願うと長生きできるととの言い伝えも。また八幡宮境内末社、天満宮右殿に鎮座されている「なでうし」の、病気・けが等自分の体の不調な部位と同じ部位をなでる事で、病気平癒の効果あるとも言われている。

住所 福岡県福岡市中央区今川2丁目1-17

鳥飼八幡宮で撮影できる前撮りプラン

鳥飼八幡宮で挙式をご検討の方へ