白無垢 和装レンタル 神社挙式 綿帽子 角隠し

白無垢 レンタル衣装

白無垢は打掛、掛下(打掛の下に着る着物)、帯、足袋、草履、小物など、全てを白一色で揃えます。
白は清純無垢をあらわす神聖な色のため、神前挙式の時に用いられる花嫁衣装。

白無垢はオプション【プラス¥10,000(税別)】で赤ふきに変更していただけます。

下記の中からお好きな物をお選びいただけます。
衣裳の予約は先着順となりますので予約状況などによってご希望に添えない場合もございます。

  • 白無垢W−001
    白無垢W−001
  • 白無垢W−002
    白無垢W−002
  • 白無垢W-003
    白無垢W-003
    可愛い 
  • 白無垢W−001
    白無垢W−001
  • 白無垢W−002
    白無垢W−002
  • 白無垢W−001
    白無垢W−001
  • 白無垢W−002
    白無垢W−002

男性服は採寸が必要です。下記PDFをご参考の上、予め採寸して頂くようお願い致します。
採寸表の表示

白無垢で挙式するなら

白無垢のQ&A

挙式の時、なぜ白無垢を着るのですか?

嫁ぎ先に向かう際、今までの育った環境から一新して、お相手のお家柄に染まれる様、全ての物を白で統一した物が白無垢になります。あなた色に染まりますという日本女性らしい風習ですね。

白無垢の赤ふきには意味はあるのですか?

花嫁衣装の白無垢にポイントになる赤のライン。白無垢の意味合いと合わせて、あなたをお慕いしております。という恋心を表現している色なので情熱の赤色が入っています。真っ白も素敵ですが、一つお色が入っているだけで雰囲気がかわるのでおすすめです。

白無垢の時は必ずかつらをかぶるものですか?

基本的にはやはり伝統衣装になりますので、おかつらでの挙式はオススメになります!ただし、どうしても気になる方はもちろん洋髪での挙式をなさる方もいらっしゃいますので、気になる方は是非ご相談ください。
+ もっと読む