蒲生八幡宮

蒲生八幡神社は、蒲生家初代当主・蒲生舜清が、保安4年(1123年)に宇佐八幡宮より勧請し現在地に建立したもので、島津義弘公は当社を厚く崇敬し、社殿を再興して正八幡若宮の額を掲げ、太刀・甲冑・宝器を寄進したと言われています。
所蔵文化財で社宝の「秋草双雀文様銅鏡」は国の重要文化財となっており、境内には樹齢約1500年にもなる日本一の大楠があります。

住所 姶良市蒲生町上久徳2259-1
電話番号 0995-52-9029
HP http://powerdesign.bbplus.net/0_Kamou80000/KamouSite/top/top.html
更衣室 有り
控え室 有り
駐車場 有り

蒲生八幡宮で撮影できる前撮りプラン

蒲生八幡宮で挙式をご検討の方へ